贅肬録を読んで、朝日とNHKが番組改変について圧力があったのなかったのと、ごちゃごちゃ争ってることについて自分の感想をまとめとこうと思った。

 今回の事件について私は特に強い印象は受けなかった。そもそも私はNHKに公正な番組作りなど期待していない。国営放送であるという時点で、偏向は間違いなく存在するし、情報操作も行われているはずであると理解している。もちろんたまにいい番組を作ったりもするかもしれないが、それはまた別のことである。

 NHKに対しては、戦時中に日本がやったことの道徳性を問う前に(もちろん問われてしかるべきであるとは思う)、自分達が今現在も尻馬に乗っている、日本国内の人間はテレビを買ったらすぐさまNHKに金を納めるべしという、なんともデンパな電波法の妥当性と、その法律を縦に貧富やテレビを観ている時間を問わず各世帯から半強制的に均一料金を徴収することの道徳性について深く考え、改善してほしいと強く願うのである。
 
もし今の料金徴収を是として恥じないような人間の集まりがNHKであれば、政治家の圧力以前の問題であると思う。

 さて安倍氏が圧力をかけたか否かであるが、「圧力をかけたのでなかったら、安倍氏はなんのためにNHKと会っていたのだろう?」と思うのが当然だろう。碁でも打ってたのか、釣りの話でもしてたのか、それとも他の密談があったのか?会うこと自体がプレッシャーをかける行為になるのが政治家という特殊な職業であることを安倍氏はわかっているはずだ。

要点
・今回の番組改変があってもなくても、NHKの体質はおかしい。
・NHKの強制料金徴収について民衆法廷で問いたい。
・安倍氏はだまって前に座ってるだけでプレッシャーになる立場にある。
・安倍氏は何も言わなくても、過去の発言から民衆法廷に反対であることは誰にでもわかる。
・「公正な報道をお願いします」はヤクザの「誠意みせろ誠意」と同じ。ヤクザは「金」、安倍氏は「天皇が有罪とされた部分の削除」だろうが、要求そのものを言うと問題になるから一般的な言い方にしてぼかしてるだけ。

 なお文中で安倍氏と「氏」をつけているが、これは敬意を払っているのではなく、「氏」をつけると、北斗の拳の断末魔の叫び声「あべし」と音が同じになるので語感上大変よろしく、そうしているだけなので誤解のないように。